カテゴリー一覧 > 取組み

  • 精神科専門医の往診医療

    当院には『精神科専門医』が常勤で2名在籍しています。主に高齢者の認知症や不眠、不安、老年期精神病などの精神疾患に対する診療と治療を行なっていますので、どうぞご相談下さい。


  • 新規患者さんの受け入れについて

     常勤医が新規患者さんと定期の訪問をゆったりと対応できるように、医師の継続的な増員を行なっています。また、いろいろなご相談に対して丁寧かつ迅速に対応できるように、3月から医療相談員を1名増員します。
     患者さんの状態や、ご本人やご家族・周囲のサポートの皆さまのご都合により、『急な、早めの』往診日時の決定などが必要な場合は、その旨のご要望も遠慮なくお伝え下さい。
    これからも地域の皆様に応援していただける診療所であるように職員と共に努力して参ります。


  • 新規患者さんの受け入れについて

     初回往診の候補日をスピーディーにご回答できるように『事前新患枠』を常勤医師のスケジュールに設定しております。又、FAX申し込み、従来通りの電話申し込みをスムーズに行えるように、連携室の対応を強化しています。
     患者さんの状態や、ご本人やご家族・周囲のサポートの方のご都合により、『急な、早めの』往診日時の決定などが必要な場合は、その旨のご要望も遠慮なくお伝え下さい。当診療所は現在13名の常勤医師を中心に帝京大学などの医師が診療に従事しております。
    また、順天堂大学附属練馬病院の救命救急センターが当院とのさらなる連携強化のために毎週3名の医師の勤務枠を設けております。

    これからも地域の皆さまに応援して頂ける診療所であるように職員と共に努力して参ります。


  • 新規往診依頼(在宅医療)〜FAX対応を含めた様々な対応の取り組み〜

    皆様からのご要望が多い新規訪問診療のFAXでの申込みについては、『新規患者さま申込書』を使用してお申し込みいただいております。
    お手間を掛けずにご依頼いただけるように、最小限の情報のみの記載で済むようにしております。又、初回往診の候補日をスピーディーにご回答できる『事前新患枠』を継続しております。お急ぎの件は、引き続きお電話でお願いします。もちろん、今まで通りお電話でご相談いただいても結構です。


  • 地域連携、事業所間の情報共有の強化

    ①皆様にご好評を頂いている『webで早朝話し合い』を強化しております。
     他業種が関わっている患者さんの情報共有のために、9:00から15分程度を想定して行っておりますので御希望の方はお問い合わせ下さい。
    ②当院では日頃から地域連携のために、詳しい情報共有を目指しております。
    『カナミック・MCS』を積極的に活用しています。御希望時はご連絡ください。

    これからも地域の皆様に応援していただける診療所であるように職員と共に努力してまいります。