トピックス
板橋区役所前診療所の最近の活動と今後の予定を紹介いたします。
2024/06/01
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』7月号が発行されました。
<腸の内視鏡検査>

2024/05/01
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』6月号が発行されました。
<じんましん>

2024/04/01
2024/04/01 鈴木先生が「おひさま在宅クリニック」を開院しました。
4月から副院長の鈴木陽一ドクターが「おひさま在宅クリニック」(板橋区前野町)を開院しました。 板橋区役所前診療所と”在宅療養支援診療所”として連携して活動します。これからもよろしくお願いします。
2024/04/01
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』5月号が発行されました。
<糖尿病になったら>

2024/03/28
2024/3/28 長谷川先生が講演を行いました。

3月28日に板橋区立グリーンホールで当院医師 長谷川先生が、精神科医療地域連携事業研修会で「在宅医療における精神科的見立てと治療」について講演を行いました。
実績と経験をもとにした具体的な事例も交えて、専門医以外の方にも分かりやすい内容でした。

  

2024/03/22
2024/02/20 オウンドメディア「MedPeer Style」に、当院院長の島田先生の取材動画が公開されました。

□ タイトル:現在過去未来~「在宅医療」の最前線を語る

当院の開設エピソードから現在までの歩み、在宅医療の変遷などが語られています。 よろしければご覧ください。
2024/03/09
2024年3月9日に島田先生が「日本在宅医療コングレス」で総合司会を務めました。

3月9日(土)に全国在宅療養支援医協会(在支協)主催の第1回「日本在宅医療コングレス」(地域包括ケア時代の在宅医療~その質を問う~)が開催されました。当院院長の島田先生が、在支協事務局長として総合司会を務めました。
開催日時:3月9日(土) 13時00分~17時50分  開催場所:全国町村会館(永田町)  主催団体:全国在宅療養支援医協会
第1部の基調講演に加え、第2部では全国各地のフォーラムの報告がありました。現地参加+オンライン参加ともに多くの方が出席されました。

   

2024/03/07
2024年3月7日に鈴木先生が健康長寿医療センターで講演を行いました。

2024年3月7日 健康長寿医療センターの「ポロファーマシーと考える会」で鈴木先生が講演を行いました。
演題:在宅医療におけるポシファマシー ~オピオイドの管理について~

2024/03/01
精神科専門医の往診医療
当院には『精神科専門医』が常勤で2名在籍しています。主に高齢者の認知症や不眠、不安、老年期精神病などの精神疾患に対する診療と治療を行なっていますので、どうぞご相談下さい。
2024/03/01
新規患者さんの受け入れについて
 常勤医が新規患者さんと定期の訪問をゆったりと対応できるように、医師の継続的な増員を行なっています。また、いろいろなご相談に対して丁寧かつ迅速に対応できるように、3月から医療相談員を1名増員します。  患者さんの状態や、ご本人やご家族・周囲のサポートの皆さまのご都合により、『急な、早めの』往診日時の決定などが必要な場合は、その旨のご要望も遠慮なくお伝え下さい。 これからも地域の皆様に応援していただける診療所であるように職員と共に努力して参ります。
2024/03/01
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』4月号が発行されました。
<糖尿病にならないために③>

2024/02/02
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』3月号が発行されました。
<糖尿病にならないために②>

2024/01/22
2024年1月20日 院長島田先生が「東京都在宅医療推進フォーラム」で講演を行いました。

2024年1月20日に東京都医師会館で「東京都在宅医療推進フォーラム」が開催されました。
『どうなる、どうする在宅医療』というテーマで当院の院長島田先生がシンポジストととして講演を行いました。当日は、藤井先生も会場参加されました。

写真は、島田先生の講演/対談、藤井先生の質疑応答の様子です。

    

2024/01/04

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』2月号が発行されました。
<糖尿病にならないために①>

2023/12/24
2023年12月24日 三寺医師 インストラクターとして活動
2023年12月24日 三寺隆之医師が、帝京大学においてJMECCディレクターを務めました。
2023/12/20
2023年12月20日に板橋区おとしより相談センターで鈴木先生が介護職向けの講演を行いました。
2023年12月20日 板橋区おとしより相談センターで当院副院長 鈴木先生が介護職向けの講演を行いました。 テーマ「介護職に知ってほしい在宅医療の基礎知識」
2023/12/12
2023年12月12日に令和5年度在宅医療参入促進セミナーに島田先生が出演しました。

2023年12月12日~2024年1月21日に東京都の在宅医療参入促進事業として、オンラインセミナーが開催され、当院院長の島田先生がリレートークで出演しています。

   

2023/12/09
2023年12月9日に令和5年度リハ・ケアシンポジウムで鈴木先生が登壇しました。

12月9日(土)にハイライフいたばしで「令和5年度リハ・ケアシンポジウム」が開催され、介護予防・フレイル予防について、当院副院長の鈴木先生がシンポジストとして登壇しました。

2023/12/05
院長・副院長のご挨拶動画をご用意しました

島田潔 院長 と鈴木 陽一 副院長のご挨拶動画を掲載しました。

「当院の特徴」、「どのような患者さんがご利用されているか」、「患者さんの利用頻度」など聞いてみたいトピックについてもお答えしております

当院の雰囲気をより身近に感じていただければ嬉しく思います。

2023/12/05
当院の非常勤医師をご紹介します

往診に携わっております 当院 非常勤医師の情報を掲載しました。

医師・スタッフ紹介ページよりご覧いただけます。

「顔写真」と「ひとこと」コーナーを設けました。

往診時も宜しくお願いします。

2023/12/03
2023年12月2日に板橋区医師会医学会で鈴木先生・丸山看護師が講演を行いました。

12月2日に板橋区医師会医学会で「板橋区の在宅ケアにおけるオピオイド管理の現状調査」をテーマに、当院副院長の鈴木先生と丸山看護師が共同講演を行いました。

翌日3日には、区民公開講座「最後まで自分らしく生きるために~人生会議~」にシンポジストとして鈴木先生が登壇しました。

2023/12/01
新規患者さんの受け入れについて
 初回往診の候補日をスピーディーにご回答できるように『事前新患枠』を常勤医師のスケジュールに設定しております。又、FAX申し込み、従来通りの電話申し込みをスムーズに行えるように、連携室の対応を強化しています。  患者さんの状態や、ご本人やご家族・周囲のサポートの方のご都合により、『急な、早めの』往診日時の決定などが必要な場合は、その旨のご要望も遠慮なくお伝え下さい。当診療所は現在13名の常勤医師を中心に帝京大学などの医師が診療に従事しております。 また、順天堂大学附属練馬病院の救命救急センターが当院とのさらなる連携強化のために毎週3名の医師の勤務枠を設けております。 これからも地域の皆さまに応援して頂ける診療所であるように職員と共に努力して参ります。
2023/12/01
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』1月号が発行されました。
<糖尿病その怖さとは>

2023/11/18
2023年11月18日に東京都眼科医会で島田先生が講演を行いました。

11月18日、東京都眼科医会 第34回医療従事者講習会で「医療従事者の安全確保について」をテーマに、当院院長の島田先生が講演を行いました。

2023/11/01
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』12月号が発行されました。
<咳、のどの違和感>

2023/10/01
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』11月号が発行されました。
<脾臓>

2023/09/26
2023年9月26日 当院の鈴木先生が令和5年度災害時個別支援計画事例検討会で講義を行いました。

9月26日に行われた「令和5年度災害時個別支援計画事例検討会」で、往診医からみる家族の心配と不安への対応、発生時の往診医の動き、訪問看護事業所の平時の備えについてグループワークを行い、当院副院長の鈴木先生が総括として講義を行いました。

2023/09/20
2023年9月20日 当院の糸山先生が第1回契約介護支援専門員研修会で講演を行いました。

9月20日 板橋区情報処理センターで糸山先生が地域の介護保険要介護認定調査員、視覚障害者ガイドヘルパー、認知症高齢者支援員の方へ向けた講演を行いました。

テーマ:「新型コロナウイルスを中心とした私たちの身近に潜む感染症について」 (主催:社会福祉法人板橋区社会福祉協議会)

ご参加者も関心が高く、熱心にご聴講くださいました。

  

2023/09/01
新規往診依頼(在宅医療)〜FAX対応を含めた様々な対応の取り組み〜
皆様からのご要望が多い新規訪問診療のFAXでの申込みについては、『新規患者さま申込書』を使用してお申し込みいただいております。 お手間を掛けずにご依頼いただけるように、最小限の情報のみの記載で済むようにしております。又、初回往診の候補日をスピーディーにご回答できる『事前新患枠』を継続しております。お急ぎの件は、引き続きお電話でお願いします。もちろん、今まで通りお電話でご相談いただいても結構です。
2023/09/01
地域連携、事業所間の情報共有の強化
①皆様にご好評を頂いている『webで早朝話し合い』を強化しております。  他業種が関わっている患者さんの情報共有のために、9:00から15分程度を想定して行っておりますので御希望の方はお問い合わせ下さい。 ②当院では日頃から地域連携のために、詳しい情報共有を目指しております。 『カナミック・MCS』を積極的に活用しています。御希望時はご連絡ください。 これからも地域の皆様に応援していただける診療所であるように職員と共に努力してまいります。
2023/09/01
浅海医師のコラム掲載

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』10月号が発行されました。
<盲腸>

2023/08/20
三寺医師 インストラクターとして活動

三寺隆之医師が、帝京大学において8月20日にJMECCインストラクターを務めました。

2023/08/15
2023年8月 副院長 鈴木先生の記事が日本慢性期医療協会誌に掲載されました。

2023年8月JMC148号[特集]ポリファーマシーに取り組もう に当院副院長 鈴木先生の論文が掲載されました。「在宅医療の立場からポリファーマシーを考える」のテーマで現場における処方の現状や服薬変更の調査結果などを報告しました。

「住み慣れたまちで安心して暮らしてもらう」ために、患者さんそれぞれに適した投薬と服薬方法を、地域の看護師さん、薬剤師さん、ケアマネージャーさん、介護士さんなどと連携し情報共有しながら、在宅医療を担う医療機関として取り組みを継続していきます。

↓ 以下の画像をクリックすると全文をご覧になれます

  

2023/08/05
2023年8月5日 当院院長の島田先生が第7回「日本在宅救急医学会総会・学術集会」で講演座長を務めました。

8月5日(土)に第7回「日本在宅救急医学会総会・学術集会」(テーマ「最前線は、ここだ。」)がSAGAアリーナにおいて開催されました。

当院院長の島田先生が学会で座長を務めました。

 

2023/08/01
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』9月号が発行されました。
<夏と臓器>

2023/07/01
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』8月号が発行されました。
<食道>

2023/06/01
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』7月号が発行されました。
<コロナ私見Ⅱ>

2023/06/01
新規往診依頼〜初回往診日時のスピーディーな対応の強化〜
昨年より初回往診の候補日をスピーディーにご回答できるように『事前新患枠』を常勤医師のスケジュールに設定しております。 4月より新たな常勤医師の入職にあたり、事前新患枠を強化しました。 患者さんの状態や、本人や家族・周囲のサポートの方のご都合により、『急な、早めの』往診日時の決定を希望する際などに、その旨のご要望をお伝え下さい。引き続き、医療相談員による細やかで迅速なご返信にも取り組んでまいります。 これからも地域の皆様に応援していただける診療所であるように職員と共に努力して参ります。
2023/05/27
2023年5月27日 当院の丸山看護師が「第8回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会関東支部学術集会」で「優秀演題賞」を受賞しました。

5月27日(土) 両国で行われた「第8回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会関東支部学術集会」で当院の鈴木副院長と丸山看護師が講演を行いました。

丸山看護師が発表した「東京都板橋区の在宅ケアにおけるオピオイド管理の現状調査」が「優秀演題賞」を受賞しました。

 

2023/05/01
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』6月号が発行されました。
<ファスティング(プチ断食)>

2023/04/01
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』5月号が発行されました。
<十二指腸>

2023/03/27
2023年3月27日 当院副院長 鈴木先生が板橋区おとしより相談センターで講演を行いました。
2023年3月27日(月) 板橋区おとしより相談センターで、当院副院長の鈴木先生が講演を行いました。 テーマ「ケアマネが知っておきたい医療的知識」
2023/02/20
2023年2月20日 当院主催の「第9回 いたばし在宅療養勉強会」を開催しました。

2月20日(月) 板橋区立グリーンホールで「第9回 いたばし在宅療養勉強会」を会場参加で開催しました。
今回のテーマは「さまざまな栄養の摂り方とベッドサイドで行う嚥下検査」と題して、板橋区医師会病院 外科副部長の髙田記代子先生に「代替栄養について」ご講演いただき、当院医師 藤井先生から「嚥下障害~在宅でできるVE検査~」ご講演いただきました。
当院医師の丹下先生が司会進行を努め、髙田先生からは、胃ろうや中心静脈栄養の種類や造設方法、メリットデメリットについて、藤井先生からは、実際に行った検査機器や動画を交えて、とてもわかりやすくお話しをいただきました。
多くの皆さまにご参加をいただき、心から御礼申し上げます。

(写真 司会:丹下先生、ご講演:髙田先生/藤井先生、会場の様子)

      

 

2023/02/01
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』3月号が発行されました。
<風邪の対処法>

2023/01/08
浅海医師のコラム掲載

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』2月号が発行されました。
<冬と臓器②>

2022/12/23
2022年12月22日 当院副院長鈴木先生が板橋区立グリーンホールで講演しました。

2022年12月22日(木) 板橋区立グリーンホールで、当院副院長の鈴木先生が講演を行いました。

板橋区在住・在勤の方を対象に「誰もがなる認知症~理解と備え~」というテーマで、多くの方にご来場いただきました。

2022/12/17
2022年12月17日 当院の島田院長が「第11回東京都在宅医療推進フォーラム」で講演を行いました。

2022年12月17日(土)に東京丸の内で全国在宅療養支援医協会主催の「第11回 東京都在宅医療推進フォーラム」が開催されました。

「やっぱり最高!わが家・わが町」を実現するために~在宅医療の未来を語ろう~として当院の島田院長が出演、当院の紹介を行いました。医師、看護師、歯科医師、薬剤師など多職種の医療従事者、市民の方も登壇され、オンライン・来場合わせて300名の参加者がありました。

 

2022/12/02
2022年11月23日(水) 院長 島田先生が「第18回 在宅医療推進フォーラム」で司会進行を努めました。

2022年11月23日(水) 東京ビッグサイトで「第18回 在宅医療推進フォーラム」が開催されました。
来場者250名、WEB参加者1400名超の会場で、当院院長 島田先生が司会進行を努めました。

    

2022/12/01
診察のご報告の充実
以前より当診療所では医師が患家で手書きした「診察のご報告」をもとに、ケアマネージャーさん、看護ステーションへFAXをしておりました。 この度26年間使用していた紙カルテを廃止し電子カルテを導入したことに伴い、以前よりも、より詳しい情報共有や連携のために、診察時の電子カルテの主要な部分をお送りすることとなりました。よろしくお願いします。 これからも「皆様に応援していただける医療機関でありたい」との思いを胸に、スタッフ全員で地域のための連携をさらに強化、努力します。
2022/12/01
浅海医師のコラム掲載

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』1月号が発行されました。
<冬と臓器①>

2022/11/18
2022年11月11日 伊藤医師が北区滝野川で講演をおこないました

11月11日(金) 北区滝野川西区民センターで当院精神科の伊藤医師が講演を行いました。
当日は北区近隣の皆さまのみならず埼玉県からも参加があり関心の高さを感じました。
「認知症とうつ病の違いとは」のテーマで診療現場でのエピソードを交えた内容で、皆さま熱心に聞いてくださり、わかりやすく大変有意義な時間だったとの感想をいただきました。
当日ご来場くださった皆さま、ご準備くださった北区滝野川西高齢者あんしんセンターの皆さまに感謝申し上げます。

 

2022/11/01
浅海医師のコラム掲載

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』12月号が発行されました。
<結腸と直腸>

2022/10/01
浅海医師のコラム掲載

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』11月号が発行されました。
<副腎>

2022/09/11
院長・島田医師が第6回日本在宅救急医学会総会・学術集会で講演
9月10日(土)11日(日) 島田院長が第6回日本在宅救急医学会総会・学術集会「緊急報告:在宅医療の安全確保に関する調査報告書」について講演を行いました。
2022/09/09
院長・島田医師が第2回在宅医療推進のための会で講演

9月9日(金) 島田院長が 2022年度第2回在宅医療推進のための会で「在宅医療における安全管理とは」について講演を行いました。

2022/09/09
2022年8月31日の読売新聞に院長島田先生の記事が掲載されました。

訪問診療医「身に危険」4割(埼玉殺傷事件受け調査)

<記事内容>
患者や家族とのトラブルで身の危険を感じた経験がある訪問診療医は4割近くに上ることが、全国在宅療養支援医協会による実体調査でわかった。 ~中略~ 調査結果を取りまとめた同協会事務局次長の島田潔医師は、「在宅医療では患者の終末期に関わる場面が多く、治療が難しくなった時などに患者や家族が医師への不信感を抱き、不満につながる可能性がある。医師の安全を守る取り組みを考えなくてはいけない」と話した。

2022/09/01
当院の鈴木副院長が7/29のNHKニュースで放映されました。

2022年7月29日 コロナ感染者急増 各地で医療機関・介護施設などに影響
<記事内容>
東京 板橋区のクリニックの鈴木陽一医師は、区内にある高齢者施設に入所する新型コロナの患者を訪問して診察しています。
このうち7月26日に訪問した高齢者施設では酸素吸入器を使用している90代の女性の治療にあたり、ベッドに横たわった女性に声をかけながら酸素の状態を確認して抗生物質を注射していました。
医師によりますと女性は7月中旬に発症し、症状が出た日に血液中の酸素の値が79%になって危険な状態と判断され救急車を要請したといいます。
ところが、4時間以上たっても搬送先が見つからなかったため酸素吸入器を取り寄せ、施設内で治療を続けざるを得なくなったということです。
鈴木医師が往診を担当している3つの高齢者施設では、継続的に医師の診察が必要なコロナ患者があわせて15人ほどいて、この女性を含む2人が呼吸や栄養状態が悪く、入院が望ましい状態でしたが、病床のひっ迫によって入院できなかったということです。
板橋区役所前診療所の鈴木医師は「本来は入院したほうがよい高齢者も今はどこにも入れないので施設でできる治療をする状態になっている。第5波、第6波で施設のスタッフも医療者も経験を積んだことで対応力は上がっていて今は持ちこたえているが、さらに感染が拡大すれば耐えきれなくなる場面が出てくるかもしれない」と話しています。

 
2022/09/01
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』10月号が発行されました。
<コロナ私見>

2022/09/01
ホームページの充実
お陰さまで開院26年目を迎えることができました。地域密着の機能強化型在宅診療所として、職員が一丸となって温もりの伝わる診療を心掛けています。広報誌の「診療所だより」をはじめ、当院の「ホームページ」なども職員が手分けして「手作り」で制作しております。 ホームページには、新たに「よくあるお問合せ」を掲載としました。引き続き「当院の理念・4つの誓い」「社会貢献活動」「学術活動」「改善の取り組み」「コラム」などを中心に、ホームページの充実に取り組んでいきます。 これからも地域の為にお役に立てればと思います。
2022/07/14
院長が雑誌の取材を受けました
週刊現代4月23日号に、院長・島田潔が取材を受けた記事が掲載されました。
2022/07/06
「よくある問い合わせ」ページを新設しました
当院へよく頂戴する 質問と回答をまとめた「よくあるお問い合わせ」ページをご用意しました。

<よくある問い合わせページ>
在宅医療を検討中だが、「ここが知りたい !」というポイントを簡単にまとめておりますので、是非ご利用ください。 皆さまに分かり易いご案内をするように努めて参ります。今後とも宜しくお願いします。
2022/06/01
在宅新規患者さんのFAX申し込みを開始
日頃から在宅患者さんをご紹介頂き大変感謝しております。当院の在宅新規患者さんは電話で申し込みを主として おりましたが、“FAXで申し込み”をとの声を多数いただいております。 簡潔な申し込み用紙フォームを診療所だより7月号に同封し、従来の電話対応と並行しFAX対応を開始いたします。引き続きよろしくお願いします。
2022/06/01
在宅患者さんのケースカンファレンス Zoomミーティングの開催
患者さんの情報共有のために、以前より開催しているケースカンファレンスを定期開催とし、積極的にwebで早朝話し合いとします。 9:00から15分程度を想定しておりますので御希望の方はお問い合わせ下さい。
2022/05/27
浅海医師のコラム掲載情報

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』6月号が発行されました。
<人間ドック4 結果を受けて数値改善>

2022/03/01
地域連携、事業所間の情報共有の強化
①当院では日頃の地域連携/情報共有のために、ご希望の事業者様向けにカナミック・MCSのクラウドを活用しています。 ② 多業種が関わっている患者様について、看護/介護関係者と当院医師によるオンラインを利用した“朝の話し合い”をしています。 9:00から15分程度の時間で開催しています。 ご希望の皆様は、連携室までお問い合わせ下さい。
2022/03/01
いたばし在宅療養勉強会の開催
在宅療養を多くの職種の皆様で支えていくなかで、各分野の標準的、最新の医療知識を現場で生かせるように、以前は定期勉強会「いたばし在宅療養勉強会」を開催していました。 この2年近く、コロナ禍で休止していましたが、令和3年12月よりWeb&会場開催を含めた開催を再び開始しました。 これからも定期開催を予定しております。多くの皆様にご参加いただけると幸いです。
2022/01/31
鈴木副院長が取材を受けました

鈴木副院長が、下記の2社よりコロナ自宅療養者に関する電話取材を受けました。

 

【共同通信社】

取材日時; 1月13日(木)、21日(金)、27日(木)

取材内容;

 ・自宅療養時の注意点

 ・家庭内感染を防ぐためにすべきこと

 ・子供が感染した場合の注意点

 ・自宅療養者における検査方法の考え方について

 

【読売新聞社】

取材日時; 1月20日(木)

取材内容; 板橋区の自宅療養者支援について

 

2022/01/24
職員の新型コロナ罹患のご報告

このたび、当グループの職員1名が新型コロナウィルスに感染したため、情報を共有いたします。

1月21日(金)夜に常勤医師1名がPCR検査にて新型コロナウィルスの罹患が判明しました。
行政への新規感染者の届出を完了し、国の規定に基づき1月29日(土)まで自宅療養となります。

日頃から感染予防策を行なっていたため、診療現場と職場における濃厚接触の該当者はおりません。

念のため、当該医師と接点のある職員について、直ちに一斉PCR検査を行い、結果判定まで
自宅待機としました。

また、感染しうる期間の患者さま等には、すでに本件についてご連絡を行い、その後の体調確認や
必要な検査を実施しております。

現在までに、患者様とご家族・関係者の皆様・当院の職員について、本件に係る体調不良者や
新たな感染者は認めていません。

出来るだけ診療が滞りなく提供できるように、職員が一丸となって取り組んで参ります。

このたびのことで、地域の医療を守る診療所として多大なご心配ご不安をおかけいたしますことを
お詫び申し上げます。

 

板橋区役所前診療所
院長 島田 潔

2021/12/14
「第6回 いたばし在宅療養勉強会」を開催

第6回「いたばし在宅療養勉強会」をグリーンカレッジホールで開催しました。

 

日時: 2021年12月14日 (火) 18:30~20:00
会場: 板橋区立グリーンホール

 

□講演テーマ: 新型コロナウイルス感染症 ~各職種の立場からの振り返りとこれから~

 

■「医師の立場から」 鈴木 陽一 板橋区役所前診療所 副院長

■「薬剤師の立場から」 保坂 洋二 サニー薬局 代表取締役/薬剤師

■「訪問看護師の立場から」 馬場 実央 板橋区医師会訪問看護ステーション所長/看護師

■「理学療法士の立場から」 大沼 剛 板橋リハビリ訪問看護ステーション 教育・調査・研究室 室長/理学療法士

■「ケアマネジャーの立場から」 清水 由美子 板橋区医師会在宅ケアセンター所長/主任介護支援専門員

■「療養相談室の立場から」 塩原 未知代 板橋区医師会 在宅医療センター療養相談室 室長

 

□ □ □ オンライン併用 勉強会
2021/12/12
鈴木副院長が 「東京都医師会主催 情報交換会」 にて講演
12月12日(日) 鈴木副院長が「新型コロナウイルス感染症の自宅療養者に対する医療支援体制について」の情報交換会にて講演しました。

 

テーマ:『板橋区医師会のコロナ感染自宅療養者に対する取り組み~増悪時往診から早期介入へ』 

 

□ 東京都医師会主催 オンライン開催
2021/12/11
副院長・鈴木陽一医師が講演会で司会

12月11日(土) 鈴木副院長が、板橋区立グリーンホールで行われた
「若年性認知症講演会」にて司会を務めました。

2021/12/01
精神科専門医の往診医療
当院には『精神科専門医』が常勤で2名在籍しています。主に高齢者の認知症や不眠、不安、老年期精神病などの精神疾患に対する診療と治療を行なっていますので、どうぞご相談下さい。
2021/12/01
新規往診依頼〜初回往診日時のスピーディーな対応〜
初回往診の候補日をスピーディーにご回答できるように新たに『事前新患枠』を常勤医師のスケジュールに設定しました。患者さんの状態や、本人や家族・周囲のサポートの方のご都合により、早目の往診日時の決定を希望する際などに、その旨のご要望をお伝え下さい。引き続き、医療相談員による細やかで迅速なご返信にも取り組んでまいります。
2021/11/28
院長・島田医師が 第3回 日本在宅医療連合学会大会 推薦シンポジウムにて講演
11月28日(日) 島田院長が第3回日本在宅医療連合学会大会 推薦シンポジウム 『診療報酬のこれからを考える ~在宅医療の保険診療規則の進むべき方向性~ 』について講演を行いました。
2021/11/22
ホームぺージ リニューアル
2011年にホームぺージを立上げ、この度大幅改訂いたしました。
従来のPC用レイアウトに加え、スマートフォン、タブレットからのアクセスにも最適なレイアウトで表示するようにアップグレードしております。 文字サイズも全体的にアップし見易くしました。
分かり易いご案内を心がけて参ります。
2021/11/18
在宅における終末期医療について

11月18日(木) 鈴木副院長が、第1回目を8月に開催したケアマネジャー向け研修の第2回目の研修をおとしより保健福祉センター3階多目的ホールで行いました。

 

□ 受講対象:板橋区を営業区域としている居宅介護支援事業所のケアマネジャー

2021/10/24
院長・島田医師が『令和3年度在宅医療関連講師人材養成事業 研修会』で基本講演
10月24日(日) 島田院長が『令和3年度在宅医療関連講師人材養成事業 研修会』で基本講演を行いました。
2021/10/18
院長・島田潔がラジオ番組に出演します。
〇テーマ:「在宅医療と新型コロナ」

 

・10月18日(月)KBCラジオ(九州朝日放送) 『パオーン』16:20ごろ~ 生放送

 

・10月19日(火)KBCラジオ(九州朝日放送) 『アサデスラジオ』7:30ごろ~ 生放送
2021/10/07
院長・島田医師が日本の医療制度を策定するワーキンググループの有識者委員に任命されました
院長・島田医師が2024年以降の6年間の日本の医療制度(第8次医療計画)を策定するワーキンググループの有識者委員に任命されました。
2021/09/11
院長・島田医師が学術集会で座長
9月11日(土) 島田院長が第5回日本在宅救急医学会学術集会の一般演題において座長を務めました。
2021/09/01
毎月の往診日(曜日)の予定について
当院では様々な疾患を抱える患者様に対して1人の医師の目線でなく、開業当初より複数の医師によるチーム医療をなるべく心掛けています。
複数名の医師の都合もありますが、初診時に患家の都合や訪問看護、デイサービスなどの様々なサービスの確認、居宅サービス計画書も参考にご迷惑のないように往診予定を計画しております。
各週の訪問診療の曜日や時間を揃えることは難しいのですが定期的な看護/介護サービスと時間帯などが重ならないように配慮しています。

 

今後もご迷惑の掛からぬ綿密な予定計画を心掛けたいと思います。
2021/09/01
看護指示書について
日頃から地域を支えている、訪問看護ステーションの皆さまとの連携では大変お世話になっております。
毎月の看護指示書について、漫然とした内容とならないように次のような取り組みをしています。
・『診察のご報告』を往診時に毎回作成し、重要な変化などは看護指示書に反映させるように会議などでアナウンスしています。
・看護指示書の更新作成の際に当院の看護師もサポートする取り組みをおこなって改善を図っています。

 

内容に関してはなるべくリアルタイムでの状態を反映し、看護計画のお役に立てるようにこれからもさらに強化していきたいと思います。
2021/08/18
8/18 副院長・鈴木医師がテレビ番組へ出演しました。
8月18日テレビ朝日の「報道ステーション」にて、副院長 鈴木陽一医師(呼吸器内科専門医)が新型コロナ感染者の医療課題について解説しました。
2021/08/13
8/13 副院長・鈴木医師がテレビ番組へ出演しました
8月13日NHKの21時のニュースにて、副院長 鈴木陽一医師の在宅医療の取り組みが報道されました。
2021/08/01
浅海医師 コラム掲載

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』8月号が発行されました。 <腎臓(後編)>

2021/06/23
6/1発行の「医療新時代 がんの在宅療養-地域における工夫と実践-」にて鈴木医師の記事が掲載
   

6月1発行の「医療新時代 がんの在宅療養-地域における工夫と実践-」にて副院長・鈴木陽一医師の記事が掲載されています。

 

※上記冊子は、medical forum CHUGAI(中外製薬株式会社企画・発行)
Vol.23 No.5 2019に掲載されたインタビュー記事、および Vol.24 No.1 2020~Vol.25 No.2 2021に連載された「シリーズがんの在宅療養-地域における工夫と実践-」を合本したものです。

 

誌名:医療新時代 がんの在宅療養-地域における工夫と実践-
企画・発行:中外製薬株式会社
鈴木陽一医師記事:第6回「東京都板橋区における在宅支援の取り組み」

2021/06/23
三寺医師 コースディレクターとして活動

三寺隆之医師が、帝京大学において7月10日にJMECCコースディレクターを務めます。

2021/06/01
診察のご報告について
日々の定期診察、臨時診察において診察状況を『診察のご報告』としてFAX送信させて頂いております。
数カ所の事業所様より「毎回2枚送られてくる」との声を頂いており、システム上のプログラム設定エラーでご迷惑をおかけしております。
現在、関係職員とシステム設計会社に修正の依頼を行っており改善に取り組んでおります。
原因の究明とシステムの改善には今しばらく時間が掛かるためご迷惑をお掛けします。
2021/06/01
新規患者さんの受け入れについて
4月から、常勤医師1名(丹下Dr)と非常勤医師2名(青木Dr、大杉Dr)の増員を行い診療枠を増やしています。
丹下Drは警察病院循環器科出身で当院で8年間の在宅医療を経験したのちに常勤医になりました。
青木Drは帝京大学附属板橋病院の消化器内科所属、大杉Drは順天堂大学附属練馬病院の救急救命センター所属です。
どちらの病院も当院とのさらなる連携強化を希望され、今年度から継続的に医師の勤務枠を設けることになりました。

 

これからも地域の皆さまに応援して頂ける診療所であるように職員と共に努力して参ります。
2021/05/21
新型コロナワクチン接種予約について

普段からかかりつけ医として、定期診察を行っているご高齢の患者様を対象に接種を開始させて頂きます。

新型コロナワクチン接種の予約ため、直接に窓口やお電話をいただきましても、ご予約をお取りすることができません。

ワクチン接種がご希望の方は、各自治体(例:板橋区、練馬区等)が運営している予約システムよりご予約お願いいたします。

ご不便お掛けし大変恐縮ですがご理解いただけますと幸いです。

 

院長  島田 潔

2021/04/28
浅海直医師 コラム掲載

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』6月号が発行されました。 <臓器と食事について>

2021/04/02
浅海直医師 コラム掲載

浅海直医師がコラム『もっと健康になるためのカラダ基礎講座』を連載している 朝日生命経営情報マガジン『ASAHI BUSINESS CLUB』5月号が発行されました。 <臓器と休養について>

2021/03/01
電話対応の強化
ドクターの電話対応についての声を頂きました。
①緊急に話したい場合
→ 「緊急の相談なので、この電話をドクターに転送してください」と伝えて下さい。

 

②当日の折り返しで良い場合
→ 早めの希望を含め、電話に出たスタッフにその旨お伝え下さい。

 

③翌日以降や次回の診察時の対応で良い場合
→ 当院のファックスへ要件と返信電話番号をお送りください。
※ケースによっての御連絡をお願いします。
これからも「皆様に応援していただける医療機関でありたい」との想いを胸に、スタッフ全員で努力します。
2021/03/01
新規入職医師の御案内
医師の新規患者さんの受け入れ余力なども確保するために、新たに常勤医1名の採用が決定しました。 警察病院循環器科で当院の非常勤医として5年以上の経験を積んだ丹下医師が4月から常勤医として入職します。 30歳代半ばでイケメン!! 親しみ易く人気があります。
2021/02/03
島田院長 『アキネチャンネル#4』に出演

当院非常勤医師の秋根ドクターが主宰するYouTube『アキネチャンネル』に当院院長・島田潔が出演しています。(全4回を予定)

 

第4回が公開されました。

 

第4回テーマ:【オンライン診療の条件と課題】

 

高齢者のオンライン診療が難しい理由

 

第4回配信URL: https://youtu.be/dp6xPWA9IwU

 

(URLをクリックすると、動画視聴ページへ移動します)
2021/01/25
島田院長 『アキネチャンネル#3』に出演

当院非常勤医師の秋根ドクターが主宰するYouTube『アキネチャンネル』に当院院長・島田潔が出演しています。(全3回を予定)

 

第3回が公開されました。

 

第3回テーマ:在宅医療と産業医療は構造が同じ!? 

在宅医療者が産業医に向いている理由

 

第3回配信URL: https://youtu.be/g7cT0Zj9ags(URLをクリックすると、動画視聴ページへ移動します)
2021/01/22
島田院長 『アキネチャンネル#2』に出演

当院非常勤医師の秋根ドクターが主宰するYouTube『アキネチャンネル』に当院院長・島田潔が出演しています。(全4回を予定)

 

第2回テーマ:在宅医療の今、高齢者施設での診療

 

第2回配信URL: https://youtu.be/wPV3WiCoXC4

 

(URLをクリックすると、動画視聴ページへ移動します)

2021/01/21
島田院長 『アキネチャンネル#1』に出演

当院非常勤医師の秋根ドクターが主宰するYouTube『アキネチャンネル』に当院院長・島田潔が出演しています。(全4回を予定)

 

第1回テーマ:在宅医療の今、医療の最前線の現状と過去

 

第1回配信URL: https://youtu.be/jle5uaTDUzQ
(URLをクリックすると、動画視聴ページへ移動します)

2020/12/21
鈴木副院長 講演活動

鈴木陽一医師がおとしより保健福祉センターにて講演を行います。

 

テーマ:在宅における終末期医療について

2020/12/20
三寺医師 コースディレクターとして活動

当院医師がJMECCコースディレクターを務めます。
三寺隆之医師が、帝京大学においてJMECCコースディレクターを務めます。

2020/12/12
鈴木副院長「若年性認知症講演会」にて司会

鈴木副院長が板橋区立文化会館にて開催される「若年性認知症講演会」にて司会を務めます。

2020/12/01
ご家庭の新規往診依頼への対応力向上
→ 2名の医療相談員が連携して、漏れなくスピーディーにご相談/ご報告出来る体制作り

 

→ 早めに初診が組めるように、医師たちの毎週の新規往診の対応枠をpickupして管理
2020/12/01
在籍医師の専門性の紹介について
→ 診療所ホームページ『スタッフ紹介』ページのドクターのご紹介に “専門“ を掲載

 

→ 「診療所だより」に”医療~豆知識~“のコーナーを新設し、当院医師が現場で役立つ知識を輪番で執筆
2020/12/01
電話対応の改善について
→ 接遇と伝言のお預かりや折り返しの徹底など、ご要望/苦情を所内で共有し研修を実施へ
2020/12/01
事業所間の情報共有/連携について
→ 介護医療連携クラウド「カナミック」「MCS」を全ての医師が適切に使用できるよう研修会を開催へ
2020/11/17
島田院長 「第4回在宅医療の集い」にて総合司会

院長・島田潔医師が在宅医療政治連盟主催「第4回在宅医療の集い」にて総合司会を務めました。

 

テーマ:『新型コロナと在宅医療』~クルーズ船の経験から学ぶ~

2020/11/15
三寺医師 コースディレクターとして活動

三寺隆之医師が、帝京大学においてJMECCコースディレクターを務めました。

2020/11/10
鈴木副院長 熊野包括支援センターにて講義

鈴木副院長が熊野包括支援センターにて講義を行いました。

 

テーマ:ケアマネ・介護職が知っておきたい医学的知識

2020/11/09
三寺隆之医師 救命救急士コースの講義

三寺隆之医師が、帝京大学において救命救急士コースの講義を行いました。

2020/11/01
ホームページURL変更のお知らせ

常時SSL化も含め、セキュリティを強化しております。また、従来のアドレス https://www.ita-shinryojo.jp からもアクセスいただけます。

2020/10/10
鈴木副院長 WEB講義

鈴木副院長が「東京城北地区における在宅医療」についてWEB講義を行いました。(東京都医師会主催)

2020/09/16
鈴木副院長 「介護職員向け研修」において講師

鈴木副院長が板橋グリーンホールで行われる「介護職員向け研修」において講師を務めました。

2020/09/06
三寺医師 コースディレクターとして活動

三寺隆之医師が、帝京大学においてJMECCコースディレクターを務めました。

2020/08/19
島田院長 「日本在宅救急学会」にて司会

院長・島田潔医師が日本医科大学武蔵境校舎にて開催された「日本在宅救急学会」にて司会を務めました。

2020/07/20
島田院長 ラジオ番組出演

院長・島田潔医師がラジオ番組に出演致しました。

 

7/20 20時~20時55分 FM東京「建築家のアスリート達」

2020/04/19
読売新聞に記事掲載

4月19日付の読売新聞の記事に院長・島田潔医師のコメントが掲載されました。

  

(画像をクリックすると大きい画像が表示されます)

2020/03/23
3月23日 「いたばし在宅療養勉強会」延期のお知らせ

3月23日に開催予定だった第6回「いたばし在宅療養勉強会」は延期となりました。

 

振替日は2月27日現在未定となっています。

2020/03/07
3月7日 講演会中止

当院医師が講演会に登壇 ※新型コロナウィルスによる感染症拡大防止のため、講演会は中止となりました。

 

副院長・鈴木陽一医師が3月7日に板橋区立グリーンホールにて行われる「若年性認知症講演会」に総合司会として出席致します。 

 

日時:令和2年3月7日(土)

 

会場:板橋区立グリーンホール

2020/03/02
三寺医師 コースディレクターとして活動

三寺隆之医師が、帝京大学においてJMECCコースディレクターを務めます。

2020/02/20
三寺医師 2月20日 「腹膜透析セミナー」にて座長を務める

三寺隆之医師が、2月20日にホテルメトロポリタン池袋にて行われる「地域連携腹膜透析セミナー」の講演に座長として参加致します。

2020/02/02
三寺医師 コースディレクターとして活動

三寺隆之医師が、帝京大学においてJMECCコースディレクターを務めました。

2020/01/23
1月23日 「いたばし在宅療養勉強会」

第5回「いたばし在宅療養勉強会」をグリーンカレッジホールで開催いたしました

 

日時:2020年1月23日(木) 19:00~21:00
講師:板橋中央総合病院
   脳神経外科 診療部長 三浦直久先生
   「脳卒中のあれこれ?」

 

講師:豊島病院 皮膚・排泄ケア認定看護師 井元英樹先生
   「ポイントを押さえる 実践 ストーマケア」

 

講師:板橋区役所前診療所 医師 糸山智先生
   「インフルエンザとマスクのお話」