カテゴリー一覧 > 改善活動

  • 在宅における終末期医療について

    11月18日(木) 鈴木副院長が、第1回目を8月に開催したケアマネジャー向け研修の第2回目の研修をおとしより保健福祉センター3階多目的ホールで行いました。

     

    □ 受講対象:板橋区を営業区域としている居宅介護支援事業所のケアマネジャー



  • 毎月の往診日(曜日)の予定について

    当院では様々な疾患を抱える患者様に対して1人の医師の目線でなく、開業当初より複数の医師によるチーム医療をなるべく心掛けています。
    複数名の医師の都合もありますが、初診時に患家の都合や訪問看護、デイサービスなどの様々なサービスの確認、居宅サービス計画書も参考にご迷惑のないように往診予定を計画しております。
    各週の訪問診療の曜日や時間を揃えることは難しいのですが定期的な看護/介護サービスと時間帯などが重ならないように配慮しています。

     

    今後もご迷惑の掛からぬ綿密な予定計画を心掛けたいと思います。


  • 看護指示書について

    日頃から地域を支えている、訪問看護ステーションの皆さまとの連携では大変お世話になっております。
    毎月の看護指示書について、漫然とした内容とならないように次のような取り組みをしています。
    ・『診察のご報告』を往診時に毎回作成し、重要な変化などは看護指示書に反映させるように会議などでアナウンスしています。
    ・看護指示書の更新作成の際に当院の看護師もサポートする取り組みをおこなって改善を図っています。

     

    内容に関してはなるべくリアルタイムでの状態を反映し、看護計画のお役に立てるようにこれからもさらに強化していきたいと思います。