2022年8月31日の読売新聞に院長島田先生の記事が掲載されました。


訪問診療医「身に危険」4割(埼玉殺傷事件受け調査)

<記事内容>
患者や家族とのトラブルで身の危険を感じた経験がある訪問診療医は4割近くに上ることが、全国在宅療養支援医協会による実体調査でわかった。 ~中略~ 調査結果を取りまとめた同協会事務局次長の島田潔医師は、「在宅医療では患者の終末期に関わる場面が多く、治療が難しくなった時などに患者や家族が医師への不信感を抱き、不満につながる可能性がある。医師の安全を守る取り組みを考えなくてはいけない」と話した。